クライアントが海外企業

今の時代、時間や時を越えて海外ともビジネスができるようになっています。特に日本のIT業界においてはその技術を世界に広げなければなかなかパイが広がらないのが実態です。
そこで何よりも必要とされるのが英語能力になってきます。それは日常会話だけではなくビジネスで通用する専門用語や、契約書の締結に至るまでかなりのレベルが求められることになるでしょう。また、現地で工場を開拓したりソフトを販売するにあたっての契約は本当に現地の文化などもわかっていなければ進められないのが実態です。
もちろん、現地の英語のスタッフを頼りにすることも1つの手法ではありますがその現地とのコミニケーションを取るだけの能力が英語能力でなければなりません。
実質、このレベルの英語能力を備えるにあたっても非常にハードルが高くなり、実務経験をつまなければまず厳しいのではないでしょうか。
IT業界もグローバル化が今まで以上に進めばさらに英語能力が求められると思います。