IT業界で英語を使う機会について

IT業界でも英語を使う場面は多くあります。至極簡単なところで言えば、プログラミングをする際は英語で変数名や関数名を命名することが多いため、プログラムを読むだけでも簡単な英語読解能力が求められます。
上に挙げた事例はネットなどで単語を調べれば簡単に解決できます。しかし、実際の現場ではさらに高度な英語力が求められる場面があります。例えば、組み込み系開発ではICやマイコンの仕様書を読む機会がありますが、その仕様書が英語版のみであることがあります。専門的な内容であり、かつ量が多いため、理解するには相当な労力がかかります。これも単語を調べながら根気よく読解していくしか方法はありません。
次に、客先や協力会社が英語圏の人間であることがあります。この場合は英語での会話が必須になります。一朝一夕でどうにかなる問題ではありませんが、英会話能力も必要になる機会はあります。英会話能力がある方は、こういった場面で活躍ができるため、重宝されると思います。