クライアントが海外企業

今の時代、時間や時を越えて海外ともビジネスができるようになっています。特に日本のIT業界においてはその技術を世界に広げなければなかなかパイが広がらないのが実態です。
そこで何よりも必要とされるのが英語能力になってきます。それは日常会話だけではなくビジネスで通用する専門用語や、契約書の締結に至るまでかなりのレベルが求められることになるでしょう。また、現地で工場を開拓したりソフトを販売するにあたっての契約は本当に現地の文化などもわかっていなければ進められないのが実態です。
もちろん、現地の英語のスタッフを頼りにすることも1つの手法ではありますがその現地とのコミニケーションを取るだけの能力が英語能力でなければなりません。
実質、このレベルの英語能力を備えるにあたっても非常にハードルが高くなり、実務経験をつまなければまず厳しいのではないでしょうか。
IT業界もグローバル化が今まで以上に進めばさらに英語能力が求められると思います。

プログラマーには英語力が必要か

プログラマーには英語力が必要か ?

場合によるというのが素直な答えであると思います。

と言いますのも、プログラミングを学んでいくうえで、プログラミング言語は英語がもとになっているものが多いです。しかし、これは学びの際に覚えればいいだけのことです。業務に携わりつつ、その業務に使用したプログラミング言語を覚えることで、英語自体を学びやすいものにできるとは思います。その逆もしかりで、英語ができれば、このプログラミング言語がどういう意味をあらわしているのかというのはなんとなくわかるものも多いです。ですが、プログラミング言語には、ルールがありますので、英語ができるからプログラミングもできるというわけではありません。

プログラマーにおいて、業務で英語力を求められる場合というのは、エンジニアに外国人の方が多い場合と、海外のエンジニアとの連絡を取る際に英語力を求められるから必要であるという場合が主です。この場合には、採用段階にTOEICの点数などを規定している場合があります。外資系の企業で、プログラマーを募集している場合などもこのケースが考えられます

海外企業とのコラボ

どうしてもIT業界のおいては自社だけでコンテンツが完結する事はなくビジネスを推進していくためには海外の企業とのクロスバリューが必要になってきます。その時に必要なのは契約書を結ぶことです。法務の観点だけではなく、実務的に見て不利がある契約ではないか、落ち度がある内容ではないかをきちんと確認しなければなりません。実際に契約を結にあたっては細部まで確認する能力はもちろんのこと、専門用語や技術に関してもしっかり把握しておく必要があります。ですから単なるガバナンスのチェックだけではなく実態がわかっているメンバーが英語能力が求められることになるのです。
実務的に案件推進している人間がいかに専門用語やガバナンス能力を身に付けているかどうかが企業の収益にも関わってくるのは言うまでもありません。
とても難しい問題かもしれませんが可能であれば海外での実務経験を持ったIT技術者がいる方が間違いなく強いと言えるでしょう。

グローバル企業とのタイアップ

グローバル企業とのタイアップ、営業職の家企画書雲だけではなくIT業界において英語の能力が求められるのはこのポイントになってくると思います。もちろん語学力は当たり前のことですが、一緒に仕事を行う上ではカルチャー的なものも必要になってきます。そして1番重要なのは細やかなポイントでミスがあってはならないプログラミングやソフトの確認です。契約書ベースでの英語の理解は必要になる事はもちろん、テレビ会議や実際のコミニケーションの中でもいかにニュースを捉えるほどの能力が求められるかと言うことになってきます。 挨拶程度の英語ではIT業界の英語能力は厳しいのが実態です。いかにして実践的な英語を身に付けていくか、特に専門用語などが必要になってきますので経験がものを言うことになるでしょう。
TOEICや英検の点数等では測れないあくまでも実践的な英語の能力を求められるのが実態です。
なかなか即戦力は専門用語を考えたときには難しいでしょう。