IT技術者は英語ができたほうがよいのは明らか

なにしろIT技術は主として米国からきているので、最先端なものは英語しか文献がなかったりします。
プログラム言語自体も英語由来ですし、どうしたって英語は必要でしょう。
かといってIT系で働いている方すべてが高度なレベルでの英語力をもっているわけではないですし、あまり高くない英語力しかもっていないくてもある程度の仕事はもちろんこなせます。
低い英語力しかもっていないとしても、ある程度は意識的に英語力をつけるよう心がける必要はあるでしょう。
日々の仕事は多忙であり、心身のバランスをとるうえでもあまりがんばりすぎずに英語力をつけていくために、日々使っている用語がどういう意味なのかをできれば逐一調べていくことを勧めます。たとえは、単体テストの略称UTは「Unit Test」のことであるとか。
昔は辞書を引くなどの手間が必要で、回りにある程度英語がわかっている人がいないと現場で飛び交っていることばがそもそもどういうスペルの英語なのか、どういう英語の略なのかすらわからず、英語力が低いと辞書を引くにも何を調べればいいのかわからないとい状況でした。今はネットで様々な情報が簡単に調べられますので、気になったことはすぐに調べられます。仕事しながらであったことばは早めに調べておくくせをつけておくとよいと思います。

外資系企業に多い英語スキルが求められるITの仕事

近年この日本には数多くの外資系企業が展開される様になり、社内で英語を使ったコミュニケーションが一般的という企業も増えてきました。そして日本のオフィスにもIT部署を立ち上げる企業も多く、かつ本国との連絡を英語で頻繁に行う必要もあります。ITスキルだけではなく、英語スキルも必要とされるため、英語スキルが求められるITの仕事は一般的なITの仕事よりも多くの収入を得られる可能性もあります。英語スキルに関してはTOEIC750点以上を目安にしている企業も多く、メールや電話でのやりとりがスムーズに行える事が重要です。外資系企業の中には、社内に外国人が多く在籍している事も珍しくないため、日々のコミュニケーションを英語で行う事が多くなります。ITの職種で英語スキルを持つ事で、将来的に日本という市場だけではなく、海外で働ける可能性も秘めていますので、今後のキャリアが広がる事でしょう。英語とITのスキルを活かした仕事で将来の道も広げてみてはいかがでしょうか。

IT業界で英語が求められる場合

IT業界で仕事に英語が求められる場合の多くは、海外の開発拠点、外資系企業の場合海外本社とのやり取りにおいてです。

日本企業の場合でも、人件費の安い東南アジアやインドに開発拠点を設け、現地の従業員と、打ち合わせを行う場合があります。
この場合、共通言語は日本語ではなく、英語になるケースが多く、通訳なしで直接現地従業員とやり取りをするケースもあります。求められる英語は、TOEIC400〜600点程度の必要最低限の会話能力と文書読解能力です。現地従業員も英語のネイティブスピーカーではないことが多いため、お互いにボディランゲージや現地語を交えて会話することになります。

外資系企業の場合、本社がアメリカやヨーロッパにあり、現地の担当者と直接会話する機会があります。
この場合、現地にいるスタッフは、英語のネイティブスピーカーであり、会社の標準言語も英語であることが多いため、求められる英会話能力は、TOEIC700〜900点台、卒なく会話できる程度となります。

どちらの場合も、英語のドキュメントを辞書なしで読める能力は問われてきます。

IT業界で英語を使う機会について

IT業界でも英語を使う場面は多くあります。至極簡単なところで言えば、プログラミングをする際は英語で変数名や関数名を命名することが多いため、プログラムを読むだけでも簡単な英語読解能力が求められます。
上に挙げた事例はネットなどで単語を調べれば簡単に解決できます。しかし、実際の現場ではさらに高度な英語力が求められる場面があります。例えば、組み込み系開発ではICやマイコンの仕様書を読む機会がありますが、その仕様書が英語版のみであることがあります。専門的な内容であり、かつ量が多いため、理解するには相当な労力がかかります。これも単語を調べながら根気よく読解していくしか方法はありません。
次に、客先や協力会社が英語圏の人間であることがあります。この場合は英語での会話が必須になります。一朝一夕でどうにかなる問題ではありませんが、英会話能力も必要になる機会はあります。英会話能力がある方は、こういった場面で活躍ができるため、重宝されると思います。

これからのIT企業とインド英語

以前から会社の方針として英語の習得が言われていてTOEICを受ける社員もいました。ですが実際は海外とのやり取りは他部署の英語が話せる社員に任せきりでした。
そんな時会社の経理のシステムを見直すために外部のITコンサルの聞き取り調査などが行われることになりました。その時役員からの要望でインド人のエンジニアが会社に派遣され日本語がある程度できる方だったのですがこちらからはなるべく英語で話しかけるよう指示が出ました。現場レベルの社員で言えば業務上のテクニカルタームは説明できても他の社員がこのシステムについてどう思っているかなどニュアンスが伝わりにくい部分がありとても困りました。お互いネイティブではないので気を使いながらなんとか通じましたがなまりの強いインド英語はIT関連の会社員はある程度経験していたほうがいいと思います。英語はなまっていましたが基礎的なプログラミング能力などをはじめ学ぶべき点はたくさんありました。今後はもう少し勉強をがんばりたいです。

IT業界で上を目指すなら英語力必須

ITエンジニアに高度な英語力が必要かどうかは実際のところよくわかりませんが、しかし少なくとも高校英語ぐらいはわかっていないと、アプリケーションソフトのプログラミングをしていけないと思います。関係代名詞がわかっていなければ、構文が書けないじゃないですか。

それに、私が一時期配属されていた開発部では、インド人とアメリカ人がいて、当然コミュニケーション方法は英語でした。英会話が苦手な人がほとんどでも、しかしみなさん大卒なわけですから、高校英語ぐらいは身についているので、発音が下手でもコミュニケーションは取れていた印象ですね。

私にしても、高度な英語は話せなくとも仕事でのコミュニケーションは取れていました。しかしプロジェクトマネージャーともなると、留学経験があったりする人もいて、私の何倍もの英語力でアメリカ人とインド人技術者と普通に会話していましたね。

ですから、IT業界にいてITエンジニアとして上を目指すのならば、英語力は必要でしょう。海外に製品を売ることもあるIT業界ですから。

IT業界で英語を使う機会は多いです

IT業界で仕事をしているとマニアルなど英語で書かれていることが多いので、英語を使う機会は多いです。メールでのやり取りも英語を使うので、隙間時間を使って英語のヒアリングを勉強したり、かなり仕事の幅が広がるので英語を習得するモチベーションもアップします。TOEICの試験も会社内で推奨していますし、仕事のチャンスを得る機会になるので、しっかり英語力をつけて新たな分野へチャレンジしたいと考えるようにしています。しっかりと仕事してスキルアップしたいですし、IT技術はもちろんですが、英語力をつけることで仕事の分野がかなり幅広く伸びることができるので、なかなか満足できるようになります。IT業界で英語を使う機会は多いし、仕事で海外の方とメールや電話のやり取りを行うケースも多々あるので、英語の勉強を計画的に行うことで、かなりスキルアップできるよになると実感しています。英語は日常的に活用できるので満足できます。

IT企業は英語力が求められます

IT企業は、やはり英語力を求められることが多々あります。近年はアジア向けに進出している企業も多くあり、共通言語として英語は必須なので、しっかりと英語力を伸ばしていると海外出張や駐在など得るチャンスがあります。やはり幅広く海外向けに対応できるよう英語力を伸ばすことで、社員のやる気やモチベーションアップにつながります。グローバル社会へ進出しなければなりませんし、IT業界はアメリカとのやりとり、アジア圏への進出など幅広く対応しているため、きちんとキャリアを伸ばすことは何より必要です。英語力が求められるため、企業内でも英語教育に力を入れ、特にイーラーニングなど隙間時間を使って勉強できるようなシステム環境を作っているところが多いです。様々な環境で活躍する社員を育てたいと考えている企業も多いため、しっかりと英語教育など隙間時間を使って手軽に学習できるようなシステムを準備しているところは、とても増えています。

IT業界では英語力は必要です

IT業界はマニアルなど英語で記載されていることが多く、アメリカに本社がある企業など多々ありますし、製品に関してもマニアルは英語、メールの内容も英語といった感じで、やはり英語は必須になっています。企業も国内向け製品以外の海外向け製品なども多数力を入れているので、グローバル社会に適した対応をするために社員の英語教育などにも力を入れるようになりました。やはり社員に英語が使用できる者がいると、仕事の幅が広がっていきますし、海外向けにアプローチすることができるので、仕事の範囲が広がっていくのがわかります。かなり充実した仕事ができるようになり、IT業界は海外向けの製品を取り扱う機会が多いので、しっかりと英語力を伸ばしていくことが何より大切になります。英語力を伸ばすことで新たな分野にチャレンジできるので、隙間時間を利用して英語学習しているケースも多くなりました。企業内での英語教育も充実しているところが多いです。

IT業界で頑張りたい方は英語力が必須

IT業界では、英語力がないと仕事が出来ないことが多いです。大半の所では、ITエンジニアと言う職種です。エンジニアでは、英語力が必要不可欠となってますので、企業に面接を受ける時には、自分自身に英語力のスキルがあるかをチェックすることが必要となります。IT関係の会社であれば、社内でも英語社員同士コミュニケーションを取っていることが多いです。日本のベンチャー企業にも多くの外国人が働いていますので、その方との交流をする時には、英会話が出来ないと自分自身ないし企業の向上にも影響が出てくることがあります。TOEICの点数が高ければ、いい企業に採用されることも多いですが、要は英語が話せなければ、意味がないことでもありますので、リスニング力を鍛えておくことが必要かと思います。
徐々にグローバル企業が増加しているので、自分の英語力を活かすのであれば、こういった外資系やIT企業へ転職することもお勧めです。IT企業に勤めている以上、英語に関わらないと言うことはないということです。